第30回奈良県理学療法士学会演題募集のお知らせ


第 30 回奈良県理学療法士学会のご案内
 
テーマ「 未来に繋げる理学療法         ~多様化するニーズに応える理論と実践~ 」
会期:令和 2 年 6 月 28 日(日)                                    
会場:奈良県産業会館              
 
 
公益社団法人 奈良県理学療法士協会 
第 30 回奈良県理学療法士学会 学 会 長   細川 彰子
              準備委員長     吉田 陽亮 
 
 
超高齢社会を迎えるにあたり理学療法士に求められるものは時代と共に日々変 化しています。また私たち理学療法士の働き方も多様化していく中で、臨機応変 に対応していく柔軟さも求められていくように思われます。 今回節目にあたる第 30 回奈良県理学療法士学会のテーマを『未来に繋げる理 学療法~多様化するニーズに応える理論と実践~』としました。令和という新た な時代に私たち理学療法士が何を求められ、どう応えていくか今一度考えていく 場にしたいと思います。 特別記念講演には鹿児島大学の牧迫飛雄馬先生をお迎えし、『身体・認知機能の 加齢的変化にどのように向き合うか?』というテーマでのご講演を予定しており ます。 また教育講演として、西大和リハビリテーション病院の尾川達也先生に『目標 設定』について、畿央大学の梶原由布先生に『ウィメンズヘルス』について、学 研都市病院の瀧口述弘先生に『疼痛管理における物理療法』について、多岐にわ たるご講演を予定しております。 多くの会員の皆様にご参加いただけるような企画なども多数検討しています。 会員皆様のご協力のもと、活気溢れる学会にしたいと考えております。
現在下記PDFにて演題募集を受け付けております。会員皆様からの沢山の演題登録の程宜しくお願い致します。

PDFダウンロード

お知らせ